1. HOME
  2. 子供用サプリメント偏食が多い子供には子供用サプリで不足している栄養素補給しよう

偏食が多い子供には子供用サプリで不足している栄養素補給しよう

色々なサプリメント

全国的に見ても、ファーストフードの普及や様々なお菓子の誕生により、食べ物に対して好き嫌いの激しい子供が増えているようです。子供の偏食が進むと、自然と栄養不足になり発育不足や脳細胞の減少などが懸念されるため、一刻も早く改善しておきたいところ。そこで、今子供の栄養を効率よく摂取させることが出来ると注目を集めているのが、子供用サプリメントなのです。

子供の偏食が進むと

子供に偏った食事をさせていても、特に悪い変化は見られないと思っていたら大間違い。例えば子供に不足しやすいカルシウムが取れていないと、急に変化が現れるということはありませんが、次第に周りの子供と比べて身長に差が出てきてしまいます。それに、骨が丈夫に育つこともできなくなってしまうので、とても怪我をしやすかったり、最悪の場合骨折してしまうことも。

また、ビタミンやミネラルが不足することで風邪をひきやすい体質になってしまう可能性もありえるのです。そうなると、学校を休みがちになり勉強も周りに比べ遅れをとってしまったりと、いろんな弊害が子供の生活に出てくることでしょう。

何でサプリのほうがいいの?

子供にたくさんの野菜を食べさせればサプリメントなんていらないんじゃないかと思われるかもしれませんが、そうではないんです。子供というのは肉体的にも精神的にも成長が激しい時期であり、必要とする栄養素の種類はとてつもない量となります。それをすべて食事で取らせようとすると、大人でも食べきれないんじゃないかという量になってしまい、しかも野菜が多いので子供が食べてくれるはずもありません。

しかし、子供用サプリには子供の成長のために必要とされる栄養素が濃縮されているので、効率よく栄養を子供に取らせることができます。特に子供に不足しがちとされているカルシウムとビタミン。これらをきちんと毎日摂取することで、丈夫な体作りや勉強のための集中力を鍛えることができるのです。

お腹の調子も整える

常にお腹がゆるくて授業中なんかにもトイレに行く回数が多いという子供の中には、偏食が原因で腸が弱っている子供がいます。というのも、偏食が進むと主に野菜に含まれている食物繊維がどうしても不足してくるのです。すると、腸が上手く効果を発揮せずに、お腹がゆるゆるになったり、逆に便秘になってしまったりします。

これが子供のころだけならいいのですが、子供の時にしっかりと腸を整えておかないことには、大人になって自然に治ることはありません。ですので、子供の時に確実に腸を良い方向に持っていっておく必要があるのです。子供用サプリには大量の食物繊維となる野菜の栄養も含まれているので、この点もバッチリでしょう。子供のころからしっかり腸を強くしておかないと、社会に出たときに困るのは子供自身なのです。

飲んでくれる?

ここで気になるのが、子供用サプリなら子供は飲んでくれるのかということ。確かに偏食がちな子供は好き嫌いが激しく、薬のようなサプリを飲んでくれるか不安になってしまうのも分かります。しかし、子供用サプリには様々なタイプがあって、どれも子供に向けて飲みやすいように工夫されているのです。

例えばドリンクタイプのものは、とても甘くできておりジュース感覚で飲むことが出来たり、グミタイプのものにはフルーツ味がついていたりします。中でもラムネタイプのものは特に飲みやすいとされており、小さいラムネのようなものなので、子供が嫌がることも無く続けることができるでしょう。味については管理栄養士が専門の知識で子供に向けて味をつけているものもあるので、どうしても気になるようでしたら、こういったものを選んでおけば間違いはありません。

決して無理をさせてはいけません

偏食であることは一つの個性、このように考えられる大人は少ないかもしれません。しかし「食べられない=いけないこと」という認識は少し間違っていると言えます。塩っぱい味つけが好み、甘い味に惹かれる、といったように人にとっては好みというものが存在します。

それは後天的に身に付くこともあれば先天的に持って生まれてくることもあるのです。ですから偏食がちであるお子さんを無理に責めたりしてはいけないということ。ましてや無理に嫌いな食べ物を食べさせようとするなんて言語道断です。

サプリメントをうまく活用する

先ほどもご紹介したように、サプリメントを使って足りない栄養を補うことがおすすめです。大切なのは「食べることに対しての恐怖心を抱かせない」ということ。食べること自体が楽しくなくなってしまうと、せっかくの好きな食べ物まで美味しくなくなってしまいます。

最近はお菓子の感覚で食べれるタブレットタイプのサプリメントも増えてきているなど、お子さんが楽しく美味しく口に出来る工夫がされているものが多いです。食事ですべて栄養をとることは理想かもしれませんが、サプリメントを使って楽に栄養を補うということもひとつの選択肢にしてみてはいかがでしょうか。

好きにさせる工夫は怠らないこと

もちろん無理に食べさせる必要はないのですが、その食材の本当の美味しさを知ることで嫌いを好きにさせることは十分可能です。例えば新鮮な野菜にこだわってみる、味つけに工夫をしてみる、盛りつけを可愛らしくしてみるなどのアレンジを行うことで偏食が直っていく可能性もあるのです。絶対にそれが成功するとは限りませんが、やってみる価値は十分にあるでしょう。

それでもダメだった場合は「この子にとって合わなかっただけだ」と割り切ることも必要です。栄養が不足することで身体に起こるデメリットは少なくありません。身長を伸ばすだけでなく、健康を損なうという意味でも栄養が不足することは決していいことではないのです。お子さんによって好き嫌いが激しいこともあるでしょう。

何でも食べられることがえらい、ということはありませんが、やはり食べられるものの選択肢が多いのは素晴らしいことです。子どものうちは自分でご飯を作ったり栄養をコントロールすることができません。だからこそここは、親御さんがひとつ知恵を絞って工夫してみましょう。ちょっとできることからで構いませんよ。

  • 身長を伸ばすサプリ比較ランキング2019はこちら

    最高評価の子ども用サプリ「ノビーノ」の口コミ評判は?

    © 2019 子ども研究所 All Rights Reserved.