1. HOME
  2. 子供用サプリメントサプリメントに副作用ってあるの?子供には子供用のサプリが安心

サプリメントに副作用ってあるの?子供には子供用のサプリが安心

サプリメントの画像

素晴らしい効果で、健康面のサポートから果ては妊娠の確率まで上げてくれることのあるサプリメント。現在では子供用のものまで出てきており、その数は年々増えてきております。しかし、サプリメントというとどうしても副作用が気になるとことです。特に子供に飲ませるものとなれば、いっそうのことでしょう。

サプリメントの副作用とは

サプリメントにはメリットがあるのと同じように、デメリットもあります。それがいわゆる副作用というもので、飲み方によってはトラブルが発生することがあるのです。例えば、サプリメントの摂取量を守らずに、とんでもない量のサプリを一気飲みしたとしましょう。

すると、サプリに含まれる栄養素が一気に体に入ってくるわけですが、人間の体はそれを簡単に受け止めることができません。そうなると、めまいがしてきたり吐き気がしてきたりということがあるのです。いくら必要な栄養素だとは言っても、摂り過ぎてしまえば毒にもなってしまいます。

また、食事をとらずにサプリメントだけ飲むのもNGです。確かにサプリというのは1日に必要な栄養素がほとんど入っていたりして、一見すると食事をとる必要が無いように感じますが、そういうわけではありません。あくまでも普段の食事に足りない分の栄養を摂取するのであって、サプリメントだけではエネルギーを得ることはできないのです。

子供には子供用サプリ

さて、そんなサプリメントを子供に飲ませてもいいのかというと、これは非常に微妙なところ。大人にとって良い成分でも、子供にとっては毒になる、といったことはありませんが、もしかすると大人用サプリでは栄養素の含有量が多すぎるかもしれないのです。

大人用のものというのは、基本的に成人した男女を対象に作っているので、結構な量の栄養素が含まれています。それを子供に飲ませてしまうと、場合によっては過剰摂取になり副作用として下痢や嘔吐を起こしてしまう可能性も出てくるでしょう。

ですので、子供に飲ませるという用途であれば、子供用サプリメントにしておくことがオススメです。子供用サプリなら含まれている栄養素が過剰ということもなく、さらに敏感な子供に対して添加物などが一切使われていないものも多くなっています。

特に鉄分なんかはすぐに過剰摂取による症状が現れますので、出来るだけ子供用の安全なものを選び、子供にはそれを飲ませるようにしましょう。それと、勘違いしている人が多いのですが、大人用のサプリを半分にしたら大丈夫というわけではありません。子供用のものは、ただ大人用のものの栄養を少なくしたものでは無く、しっかりと入っている栄養素に違いがあります。

これは子供には必要がなかったり、取ることが好ましくなかったりする栄養素が入っていないということですので、子供にはそれ用のものを購入してあげましょう。現在サプリを服用している人は、ぜひ子供用のものと入っている成分の比較をしてみてください。結構違うということがお分かりいただけると思います。

飲むのは1種類にしておく

すでに説明をしましたが、いくら栄養素と言っても過剰摂取は良くありません。特に子供は過剰摂取の影響を受けやすいので、飲むサプリメントは1種類に絞っておいたほうが良いでしょう。

2つ3つ飲めば栄養的に完璧だと思われるかもしれませんが、それをやってしまうと完全に過剰摂取となってしまいます。既にやっているけど平気という場合でも、いつ症状が現れるか分かりません。

もちろん1種類にしたうえで、そのサプリの説明にある1日の摂取量も守ってください。1種類にしても、それをたくさん飲んでしまえば結局のところ過剰摂取になってしまうのです。

栄養の基本は食事でとること

こういったことからも、子どもへ安易に大人用のサプリメントを与えることはおすすめできません。ほとんどの場合は特に大きな影響はないものの、それが確実ではない以上できるだけ避けておく方が安心です。

サプリメントの一粒一粒はほんの小さな、わずかな量のものですが、それが大人と子どもでは対処できる量に大きな差があることもある、ということをつねに意識するようにしましょう。

やはり子ども用のサプリメントがおすすめであることと同時に、栄養の基本は普段の食事から摂取することがのぞましい、ということを提案させていただきます。食事ですべての栄養を補おうとすると至難の業ではありますが、できるだけ食を通じて栄養をとること、また食によって得られる楽しみを存分に感じていくというのもひとつ大切なことになります。

サプリメントを飲むことでは美味しさや楽しさといったものを感じることは難しく、食べる喜びというものはやはり食でしか感じることができないものです。栄養を摂るということは単純に完璧な配合で摂取するということだけではなく、そういった他では得難いものを得ることができるという大きなものがあるのです。お子さんにはぜひ、その大切な瞬間を味わわせてあげてください。

決まった量をきちんと守ることが大切です

そういった食事をメインに考えたうえで摂取させてあげたい子ども用サプリですが、その際は決まった量を守ることが何よりも大切になります。早く大きくなってほしいからといってたくさん摂取させることは危険です。

先ほどからお話しているように、大人には大人に合う量があるように、子どもには子どもに必要な量があるのです。いくら子ども用のサプリメントだからといってもたくさん摂取すれば同じようなことになってしまいかねません。

薬とは全く違ったアプローチになりますので、早急に効果が出ないと焦りを感じることもあるでしょう。しかし目に見えた効果を求めることはとても難しいことです。結果よりもまずは、目の前のことをひとつずつこなすということ。お子さんにとって必要なことを見極め、それを行っていくことが大事なことです。

サプリメントはとても便利なアイテムですが、それだけに頼りきってしまわないこと。あくまでも役立てるためのものであるということを理解し、正しく使い続けるよう意識していきましょう。基本は毎日の規則正しい習慣、それこそがお子さんの体をつくるのです。

  • 身長を伸ばすサプリ比較ランキング2019はこちら

    最高評価の子ども用サプリ「ノビーノ」の口コミ評判は?

    © 2019 子ども研究所 All Rights Reserved.