1. HOME
  2. 子供用サプリメント子供用の身長サプリにはどんな種類がある?成分別の特徴について

子供用の身長サプリにはどんな種類がある?成分別の特徴について

色とりどりのハート型のラムネ菓子

子供に不足しがちな栄養素が配合されてる

子供の身長を伸ばすには、カルシウム・ミネラル・ビタミン・タンパク質など栄養バランスのとれた食事が欠かせません。でも、お子さんに毎日多種多様な食品を摂取させるのはなかなか難しいことですよね。最近では子供向けに開発されたサプリメントも数多く市販されているので、活用している人も多いのではないでしょうか。

身長を伸ばす力をサポートする子供用のサプリメントは、不足しがちな栄養素を中心に配合されています。具体的にはどのような成分が入っているのか、特徴と共に見ていきましょう。

骨を強く大きくするのに欠かせないミネラル

身長を伸ばすということは、骨を成長させるということです。骨をつくるにはカルシウムをはじめとするミネラル成分が欠かせません。
子供用のサプリでは、次のようなミネラルが配合されています。

カルシウム

骨や歯を強く丈夫にするはたらきがあります。食の欧米化の影響でカルシウム豊富な小魚や海藻類の摂取量が少なくなったこともあり、日本人は慢性的にカルシウム不足です。また、カルシウムは体に吸収されにくい性質があるため、より意識して摂取する必要があります。

マグネシウム

骨の強度と弾力性をアップさせる作用があり、骨を健康に保つために必要なミネラルです。マグネシウムはカルシウムと1対2の割合で摂取すると効果的に機能するため、一緒に摂取するのがオススメです。子供用サプリでも、2つのミネラルが両方配合されているものもあります。

亜鉛

成長ホルモンをつくるタンパク質やDNAを生成する酵素などに含まれる栄養素で、亜鉛が不足するとそれらの合成がうまくいかず、骨が成長しにくくなってしまいます。子供たちが好む加工食品やインスタント食品に含まれる食品添加物の中には、亜鉛の吸収をさまたげるものもあり、いっそう不足しがちです。

骨づくりをサポートするビタミンも重要

ビタミンC

あまり知られていませんが、ビタミンCにはカルシウムの吸収や骨の新陳代謝をサポートするはたらきがあります。また、軟骨組織などの原料となるコラーゲンがつくられるにはビタミンCが必要なのです。体内に蓄積しておけないため、定期的に摂取して補うことが大切です。

ビタミンD

カルシウムは体内に吸収されにくく、牛乳を飲んでも40%程度の吸収率と言われています。ビタミンDにはカルシウムの小腸で吸収率をアップさせる作用があるため、一緒に摂取すると効果的です。

アルギニン

成長ホルモンを活性化するはたらきがある他、筋肉を大きくしたり免疫力をアップさせる作用も期待できます。骨の元となる軟骨は成長ホルモンによって形成が促されるため、アルギニンが不足すると身長にも影響を与えます。

子供用サプリは栄養バランスを考えて選ぼう

子供用サプリに配合されている代表的な成分についてご紹介しましたが、それぞれの成分の相互作用によって効果が高まる面もあるため、どれかひとつの成分だけを集中的に摂取すれば良いわけではありません。

身長を伸ばすためのサプリには、カルシウムに特化したサプリもあれば、ビタミンやミネラルも一緒にバランス良く配合されているものもあります。お子さんにサプリメントを与えることを検討する場合は、普段の食生活を考えたときに、どの成分を補った方が良いかをよく見極めて選ぶようにしましょう。また、サプリメントは配合成分がきちんと記載されているものが安心です。

子供用サプリは、ポリポリと噛んで食べられるタブレットタイプやドリンクタイプなど、お子さんが摂取しやすいように工夫されているものが多いのも特徴です。そのため、おやつ代わりになるという点も人気が高まっているポイントとなっています。

  • 身長を伸ばすサプリ比較ランキング2019はこちら

    最高評価の子ども用サプリ「ノビーノ」の口コミ評判は?

    © 2019 子ども研究所 All Rights Reserved.