1. HOME
  2. 身長の悩み食べ物選びも重要!子供の身長を伸ばす食事のポイントまとめ

食べ物選びも重要!子供の身長を伸ばす食事のポイントまとめ

タンパク質と野菜のメニュー

子供の身長を伸ばすというと、ついつい運動方面のことを考えてしまいがちですが、成長期の子供にとっては食事というのも重要な要素。食事によってこれから身長が伸びるかどうか左右されているといっても、過言ではありません。

身長にはタンパク質が重要

身長にはタンパク質の摂取が欠かせません。何故ならタンパク質のひとつであるコラーゲンはカルシウムと合体することで、初めて丈夫な骨を作りだしてくれるのです。タンパク質が含まれているのは魚や大豆ですが、こういったものだと子供が嫌いということも多く、どうしても不足しがちになってしまいます。肉類にもタンパク質が含まれているものがありますので、出来るだけ料理面で工夫して食べさせてあげるようにするといいでしょう。

野菜と海藻も取ろう

身長のことを考えれば、出来るだけ多くの緑黄色野菜を子供に食べさせてあげることが重要です。緑黄色野菜の多くはビタミンとミネラルを含んでおり、これは身長が伸びるのには欠かせないカルシウムを吸収しやすい体にしてくれる効果を持っています。緑黄色野菜の中でも、ほうれん草なんかはビタミンだけではなくカルシウムも多く含んでいるので、野菜炒めなどにして食事に一品追加してあげるだけで、子供の身長は大きく変わってくるはずです。

ちなみに、カルシウムと同時にマグネシウムを取るということも重要でしょう。マグネシウムは骨に対してカルシウムを定着させてくれる働きをしてくれるので、よりいっそうカルシウムが効率よく骨を強くしてくれるはずです。マグネシウムは海藻系の食べ物に多く含まれているので、海苔やひじきなどで摂取することができます。

とは言っても、これらすべてを一度に摂取するのはとても大変なことなので、いっそのことサプリメントを利用するという手もあります。サプリメントはこれらすべてを含んでいるので、特に食事のことを考えなくても効率の良い栄養摂取が可能でしょう。もちろん食事も整えてあげれば、さらなる効果が期待できます。

インスタント食品はやめましょう

お湯を注いで3分で出来上がったり、電子レンジで温めるだけだったりと、非常に楽に出来上がるので、ついつい頼ってしまいがちなインスタント食品ですが、子供の身長においてこれらは最大の敵となりえます。インスタント食品というのはリンが多く含まれていることがあり、これを摂取しすぎてしまうと骨を溶かしてしまうことがあるのです。通常リンはミネラルと同様に軟骨を作る役割を果たしているのですが、リンだけを過剰に摂取してしまうと逆効果となってしまいます。

特に炭酸飲料やカップラーメンなどに多く含まれており、これらにはリンだけではなく、身長が伸びるのを妨げる食品添加物もたくさん含まれています。一度も食べるなとは言いませんが、身長のことを考えればインスタントは1週間に1度など制限することも必要でしょう。

食事をとる時間も重要

子供の食事が仕事の関係でついつい遅くなっていたりはしませんか。それも身長が伸びるのを妨げている原因になっているかもしれません。何故なら子供の身長が伸びるのに重要な成長ホルモンというのは、血糖値が下がった状態で初めて分泌されるのです。

血糖値が下がるのには、通常食後3時間程度は必要とされており、就寝前に食事をとってしまうと血糖値が下がりきらず、成長ホルモンが分泌されなくなってしまいます。そのため、食事はできるだけ早めに済ませておいて、寝る前には成長ホルモンが分泌される環境を作り出して起きましょう。どうしても食事が遅くなってしまうということであれば、血糖値を上げてしまう炭水化物系のものを出来るだけ避けるなど、食事内容に工夫をつけてみるのもいいかもしれません。

  • 身長を伸ばすサプリ比較ランキング2019はこちら

    最高評価の子ども用サプリ「ノビーノ」の口コミ評判は?

    © 2019 子ども研究所 All Rights Reserved.